漏れ量はどのように求められるのか | ジュンツウネット21

シール面をモデル化した小さいすきまからの流体の流量式を示します。

漏れ量はどのように求められるのか

漏れ量はどのように求められるのか教えてください。
解説します。

シール面におけるすきまからの流れについては,すきまの大きさや流体の速度等によって,分子流,粘性流,乱流の3通りが考えられます。それぞれの流れにおける漏れ量Qと圧力差との関係は概略式1のようになります。

流体の流れ 層流 分子流 Q∝h2(P1-P2)
粘性流 Q∝h3(P1-P2)
乱流   Q∝h1/2(P1-P2)
式1

ここでは2面間にすきまができているという前提で,流体の流れは層流と考えて,図1にシール面をモデル化した小さいすきまからの流体の流量式を示します。平行平板面はスラストタイプのシール面,同心円筒面はラジアルタイプのシール面モデルです。

シール面の流体流れのモデルと通過流量式
図1 シール面の流体流れのモデルと通過流量式

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部

アーステック


2019 洗浄総合展
2019年9月4日~6日
パシフィコ横浜で開催!



「技術者のためのトライボロジー」新発売!
「技術者のためのトライボロジーお申し込みはこちら

「潤滑剤銘柄便覧」2019年版発売中!
「潤滑剤銘柄便覧」2019年版お申し込みはこちら

「ILDA 2017 -ASIA-」発売中!
「ILDA 2017 -ASIA-」お申込みはこちら

「やさしいグリースの話」発売中!
「やさしいグリースの話」お申込みはこちら

マークテック
○マークテック
非破壊検査・マーキングの総合メーカー
http://www.marktec.co.jp/

リークラボ・ジャパン
○リークラボ・ジャパン
蛍光式とスモーク式の2つの方法で,あらゆる産業分野での漏れ(リーク)を検知
http://leaklab-japan.jp/

こちらもどうぞ