バルブ用途グランドパッキンでバルブの摺動抵抗が大きすぎる際,抵抗を減らす方法 | ジュンツウネット21

バルブ用途グランドパッキンでバルブの摺動抵抗が大きすぎる際,抵抗を減らす方法 には,(1)潤滑剤の塗布,(2)金属製スリーブを底入れし,パッキンのリング数を減らす,(3)締付圧力を下げる,が挙げられます。

バルブの摺動抵抗が大きすぎる際,抵抗を減らす方法(バルブ用途グランドパッキン)

バルブの摺動抵抗が大きすぎます。抵抗を減らす方法を教えてください。
解説します。

下記対策が挙げられます。

対策(1)

潤滑剤を塗布します。弁棒と,膨張黒鉛の固着を防ぐために,二硫化モリブデン等の適切な潤滑剤の塗布を行い,摺動抵抗を低減させます。

対策(2)

金属製スリーブを底入れし,パッキンのリング数を減らします。

特にパッキン材として膨張黒鉛を使用する高温用バルブでは,パッキンが固着し,摺動抵抗が大きくなることがあります。

パッキンの接触面積を減らすため,金属製スリーブをボックス底へ入れ,摺動抵抗を低減させます(表1図1)。

金属製スリーブ挿入例
図4 金属製スリーブ挿入例

対策(3)

締付圧力を下げます。

締付トルクが適正な締付面圧よりも大きくなっていることが起因している場合があります。表1に代表的なバルブ用パッキンの推奨締付面圧を示します。

表1 パッキンのリング数と締付面圧
クラス
T/#2205-P+T/#2250
T/#2280-S
リング数
締付面圧 N/mm2
リング数
締付面圧 N/mm2
150
1+2+1
20~30
5
15~25
300
1+2+1
20~30
5
15~25
400
1+3+1
25~35
6
20~30
600
1+3+1
25~35
6
20~30
900
1+4+1
30~40
7
25~35
1500
1+4+1
35~45
7
25~35
2500
1+4+1
40~50

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部

アーステック


2019 洗浄総合展
2019年9月4日~6日
パシフィコ横浜で開催!



「技術者のためのトライボロジー」新発売!
「技術者のためのトライボロジーお申し込みはこちら

「潤滑剤銘柄便覧」2019年版発売中!
「潤滑剤銘柄便覧」2019年版お申し込みはこちら

「ILDA 2017 -ASIA-」発売中!
「ILDA 2017 -ASIA-」お申込みはこちら

「やさしいグリースの話」発売中!
「やさしいグリースの話」お申込みはこちら

マークテック
○マークテック
非破壊検査・マーキングの総合メーカー
http://www.marktec.co.jp/

リークラボ・ジャパン
○リークラボ・ジャパン
蛍光式とスモーク式の2つの方法で,あらゆる産業分野での漏れ(リーク)を検知
http://leaklab-japan.jp/

こちらもどうぞ