使用中バルブ用グランドパッキンから漏れが発生した際の対策 | ジュンツウネット21

使用中バルブ用パッキンから漏れが発生した際の対策(バルブ用途グランドパッキン)

使用中バルブ用パッキンから漏れが発生しました。対策を教えてください。
解説します。

直ぐに増し締めを実施します。

パッキンの締付力は時間が経過することにより徐々に緩和してきます。その結果漏れが発生することがあります。

その場合,増し締めによりパッキンを初期締付力まで戻し,再度パッキンと弁棒を馴染ませることで,漏れを止めることができます。

ただし,漏れ放置時間が長くなると,パッキンに漏れのルートが深く刻まれ,増し締めの効果が無い(パッキンと弁棒が馴染まない)場合があるので,増し締めが効かない場合は,速やかにパッキンの取り替えを行ないます。

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部

アーステック


2019 洗浄総合展
2019年9月4日~6日
パシフィコ横浜で開催!



「技術者のためのトライボロジー」新発売!
「技術者のためのトライボロジーお申し込みはこちら

「潤滑剤銘柄便覧」2019年版発売中!
「潤滑剤銘柄便覧」2019年版お申し込みはこちら

「ILDA 2017 -ASIA-」発売中!
「ILDA 2017 -ASIA-」お申込みはこちら

「やさしいグリースの話」発売中!
「やさしいグリースの話」お申込みはこちら

マークテック
○マークテック
非破壊検査・マーキングの総合メーカー
http://www.marktec.co.jp/

リークラボ・ジャパン
○リークラボ・ジャパン
蛍光式とスモーク式の2つの方法で,あらゆる産業分野での漏れ(リーク)を検知
http://leaklab-japan.jp/

こちらもどうぞ