運転開始後すぐにオイルシールから油漏れしたのはなぜか | ジュンツウネット21

運転開始後,すぐに油漏れしたのはなぜか(オイルシール)

軸の面取りを旋盤にてC1.0に加工した軸へ,オイルシールのリップを挿入しようとしたところ,ちょっと入りずらかったのですが力を加え挿入しました。運転を開始したところ,すぐにリップから油漏れが発生しました。なぜ,短時間で油が漏れたのですか。
解説します。

軸にリップを挿入する際,入りづらいにもかかわらず無理やり押し込んだため,リップが反転しシール機能が失われ油漏れとなっています。リップが反転した原因は,リップの挿入案内である面取りが小さいことと,軸のC面取りがリップ前面角度と近い角度から,両者の面同士が密着し滑りづらくなりリップ反転が生じています。この対策は,リップが面取りの上を滑り易くすることが重要で,軸の面取り角度を30°とし表1のように大きくしてください。なお,面取り状態において,端部にかえり,鋭い角,粗い加工目等があると,挿入時リップ先端に傷を付け油漏れの原因となるため,加工後のチェックをお願いします。

表1 端面の面取り
端面の面取り
軸径の呼び
 d1-d2 
d1≦10
1.5
10<d1≦20
2.0
20<d1≦30
2.5
30<d1≦40
3.0
40<d1≦50
3.5
50<d1≦70
4.0
70<d1≦95
4.5
95<d1≦130
5.5
130<d1≦240
7.0
240<d1≦480
11.0

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部

アーステック


2019 洗浄総合展
2019年9月4日~6日
パシフィコ横浜で開催!



「技術者のためのトライボロジー」新発売!
「技術者のためのトライボロジーお申し込みはこちら

「潤滑剤銘柄便覧」2019年版発売中!
「潤滑剤銘柄便覧」2019年版お申し込みはこちら

「ILDA 2017 -ASIA-」発売中!
「ILDA 2017 -ASIA-」お申込みはこちら

「やさしいグリースの話」発売中!
「やさしいグリースの話」お申込みはこちら

マークテック
○マークテック
非破壊検査・マーキングの総合メーカー
http://www.marktec.co.jp/

リークラボ・ジャパン
○リークラボ・ジャパン
蛍光式とスモーク式の2つの方法で,あらゆる産業分野での漏れ(リーク)を検知
http://leaklab-japan.jp/

こちらもどうぞ