軸にキー溝がある場合のオイルシールからの油漏れ | ジュンツウネット21

軸にキー溝がある場合のオイルシールからの油漏れ

軸にキー溝はありましたが,オイルシールのリップはゴムの弾性体から変形しても元に戻ると思い,キー溝の上を通過させ所定位置に組み付けました。運転開始後間もなくリップより油が漏れてきましたがなぜですか。
解説します。

油漏れの発生原因は,オイルシールのリップがキー溝を通過した時,キー溝のエッジでリップ先端に傷を付けたため,軸と非接触部分が生じシール機能を失い油漏れとなっています。この対策は,図1のような保護治具を用い,キー溝でリップを傷付けないようにしてください。また,リップに傷を付ける可能性のあるものとして,スプライン,穴等がありその上をリップが通過する時は,保護治具の使用をお願いします。

保護治具の例
図1 保護治具の例

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部

アーステック



「技術者のためのトライボロジー」新発売!
「技術者のためのトライボロジーお申し込みはこちら

「潤滑剤銘柄便覧」2020年版
予約特価受付中!(~11/20) 「潤滑剤銘柄便覧」2020年版ご予約はこちら

「ILDA 2017 -ASIA-」発売中!
「ILDA 2017 -ASIA-」お申込みはこちら

「やさしいグリースの話」発売中!
「やさしいグリースの話」お申込みはこちら

マークテック
○マークテック
非破壊検査・マーキングの総合メーカー
http://www.marktec.co.jp/

リークラボ・ジャパン
○リークラボ・ジャパン
蛍光式とスモーク式の2つの方法で,あらゆる産業分野での漏れ(リーク)を検知
http://leaklab-japan.jp/

こちらもどうぞ