新品に交換したのにオイルシールから油漏れする理由 | ジュンツウネット21

新品に交換したのにオイルシールから油漏れする理由

機械の長期間使用でオイルシールが寿命による油漏れを発生しました。そこでオイルシールを軸,ハウジングに傷を付けないように取り外し,同じ位置に新品のオイルシールを組み付けるとともに,使用していた油を全量新油へ交換し運転を開始しましたが,短時間で油漏れが発生しました。すべて新品に交換したのになぜ,油漏れが発生したのですか。
解説します。

油漏れの発生原因は,長期間使用した時と同じ位置にオイルシールを組み付けたため,リップと軸の接触位置も長期運転で摩耗したところとなり,リップと軸の当たり不良で油漏れとなっています。この対策は,オイルシールを今まで組み付けられた位置よりも図1のように1mm程度奥へ(油側へ)押し込み,未使用部分にリップが乗るようにしてください。

オイルシール交換後の組み付け位置
図1 交換後の組み付け位置

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部

アーステック


2019 洗浄総合展
2019年9月4日~6日
パシフィコ横浜で開催!



「技術者のためのトライボロジー」新発売!
「技術者のためのトライボロジーお申し込みはこちら

「潤滑剤銘柄便覧」2019年版発売中!
「潤滑剤銘柄便覧」2019年版お申し込みはこちら

「ILDA 2017 -ASIA-」発売中!
「ILDA 2017 -ASIA-」お申込みはこちら

「やさしいグリースの話」発売中!
「やさしいグリースの話」お申込みはこちら

マークテック
○マークテック
非破壊検査・マーキングの総合メーカー
http://www.marktec.co.jp/

リークラボ・ジャパン
○リークラボ・ジャパン
蛍光式とスモーク式の2つの方法で,あらゆる産業分野での漏れ(リーク)を検知
http://leaklab-japan.jp/

こちらもどうぞ