メカニカルシールの故障現象 | ジュンツウネット21

メカニカルシールの故障現象

メカニカルシールの故障現象を教えてください。
解説します。

ある石油精製プラントにおいて,3年間にわたりポンプ用メカニカルシールの交換理由を現象系で分析した結果を紹介します。

(1)メカニカルシールの交換理由のほとんどが漏れによるもので,全体の93%を占めます。残りは定期点検やポンプ点検のためのメカニカルシール交換です。

(2)メカニカルシールの交換時に認められた現象のうちでは,シール端面になんらかの異常が認められたものが43%,二次シールの固着が認められたものが40%で,両者で83%も占めます。

(3)シール端面に認められた現象では,カーボンの摩耗が20%と多く,以下条痕などの傷が8%,面歪み・変形が8%,カーボンブリスタ・欠けが6%,熱割れが1%となっています。

なお,シール端面損傷の一次原因として二次シール部固着によるものも多く,図1のようにマルチスプリング・回転形から,ベローズ形メカニカルシールに改造することにより,メカニカルシール交換期間の大幅な延長を実現しています。


図1 スプリング形とベローズ形(ベローズエースBA640)の堆積固着状態比較

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部

アーステック


2019 洗浄総合展
2019年9月4日~6日
パシフィコ横浜で開催!



「技術者のためのトライボロジー」新発売!
「技術者のためのトライボロジーお申し込みはこちら

「潤滑剤銘柄便覧」2019年版発売中!
「潤滑剤銘柄便覧」2019年版お申し込みはこちら

「ILDA 2017 -ASIA-」発売中!
「ILDA 2017 -ASIA-」お申込みはこちら

「やさしいグリースの話」発売中!
「やさしいグリースの話」お申込みはこちら

マークテック
○マークテック
非破壊検査・マーキングの総合メーカー
http://www.marktec.co.jp/

リークラボ・ジャパン
○リークラボ・ジャパン
蛍光式とスモーク式の2つの方法で,あらゆる産業分野での漏れ(リーク)を検知
http://leaklab-japan.jp/

こちらもどうぞ