片持ち軸の場合の油オイルシールからの漏れについて | ジュンツウネット21

片持ち軸の場合の油オイルシールからの漏れについて

機械の構造上から片持ち軸で,ベアリングから遠い部分にオイルシールを装着しています。初期は問題無かったのですが,オイルシールの標準寿命より短い時間で油漏れが発生しました。なぜ短い時間で油漏れが発生したのですか。
解説します。

油漏れの発生原因は,ベアリングから遠いところにオイルシールを装着したため,リップ摺動部分の軸偏心が大きくなり,初期は軸振れに追随し密封していましたが,運転時間の経過とともにリップの摩耗,ゴム材料の劣化が進行し,軸振れに追随できなくなり油漏れが発生しています。この時のオイルシールのリップ摩耗幅は,通常の摩耗幅より大きくなります。この対策は,ベアリングの近くにオイルシールを取り付けるように構造設計を見直してください。また,軸振れが大きくなる構造は,ベアリング自体にガタがある場合,長い軸の中間に使用する場合,一方向に大きな荷重を受けた軸の場合に生じることが多く,機械を設計する段階で注意をお願いします。

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部

アーステック



「技術者のためのトライボロジー」新発売!
「技術者のためのトライボロジーお申し込みはこちら

「潤滑剤銘柄便覧」2020年版
予約特価受付中!(~11/20) 「潤滑剤銘柄便覧」2020年版ご予約はこちら

「ILDA 2017 -ASIA-」発売中!
「ILDA 2017 -ASIA-」お申込みはこちら

「やさしいグリースの話」発売中!
「やさしいグリースの話」お申込みはこちら

マークテック
○マークテック
非破壊検査・マーキングの総合メーカー
http://www.marktec.co.jp/

リークラボ・ジャパン
○リークラボ・ジャパン
蛍光式とスモーク式の2つの方法で,あらゆる産業分野での漏れ(リーク)を検知
http://leaklab-japan.jp/

こちらもどうぞ