オイルシールの保管で表面にひびが入った理由は | ジュンツウネット21

オイルシールの保管で表面にひびが入った理由は

新品のニトリルゴムオイルシールを交換用として日光の当たる場所で長期保管していました。使用していたオイルシールが寿命で油漏れとなったため,新品のオイルシールに交換しようと取り出し組み付けたところ,ゴム材料にひび割れが発生しました。なぜひび割れが入ったのですか。
解説します。

ひび割れを発生させたのは,日光の当たる場所で長期保管したため,オゾンと熱によりゴム材料が劣化し発生しています。オイルシールを長期保存する場合は,ゴム材料が温度およびオゾン等で劣化するところから,『冷暗所』で保管して下さい。

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部

アーステック


2019 洗浄総合展
2019年9月4日~6日
パシフィコ横浜で開催!



「技術者のためのトライボロジー」新発売!
「技術者のためのトライボロジーお申し込みはこちら

「潤滑剤銘柄便覧」2019年版発売中!
「潤滑剤銘柄便覧」2019年版お申し込みはこちら

「ILDA 2017 -ASIA-」発売中!
「ILDA 2017 -ASIA-」お申込みはこちら

「やさしいグリースの話」発売中!
「やさしいグリースの話」お申込みはこちら

マークテック
○マークテック
非破壊検査・マーキングの総合メーカー
http://www.marktec.co.jp/

リークラボ・ジャパン
○リークラボ・ジャパン
蛍光式とスモーク式の2つの方法で,あらゆる産業分野での漏れ(リーク)を検知
http://leaklab-japan.jp/

こちらもどうぞ