被削材による油剤選定のポイント | 切削油剤選定のポイント | 切削油適油選定BOX | ジュンツウネット21

ユシロ化学工業株式会社 太田 朋子

2.被削材による油剤選定のポイント

被削材の種類によって切削油剤を選定する場合の注意点が異なる。主なポイントを挙げる。

(1)鋼
 潤滑性が要求される。加工精度が要求される場合は,不水溶性切削油剤の中でも極圧添加剤の含有量が多い油剤が適する。水溶性切削油剤の場合はエマルションが適し,重切削加工には硫黄系極圧添加剤を含有するエマルションが適する。

(2)鋳鉄
 水溶性切削油剤を使用する場合は,被削材のさびに注意が必要であり,さび止め性の良好な油剤を適用する。またFCDの場合は,水溶性切削油剤の使用期間が長くなると油剤液中の硬度が上昇するので,耐硬水性の良好な油剤が適する。

(3)アルミニウム,アルミ合金
 被削材の変色に注意が必要である。特に長時間にわたる加工において水溶性切削油剤を使用する場合は,アルミニウム,アルミ合金の変色抑制に配慮された油剤が適する。また,アルミ合金の種類によっては成分の溶出に伴う硬度の上昇を考慮する必要があり,耐硬水性の良好な油剤が適する。

(4)銅・銅合金
 被削材の腐食に注意が必要である。硫黄系極圧添加剤を含む油剤は適用できない。水溶性切削油剤の場合,銅に対する防食性に配慮された油剤が適する。


ENEOSサンエナジー
http://www.nsclean.jp/


ユシロ化学工業
http://www.yushiro.co.jp/


日本ホートン
http://www.houghton.co.jp/

こちらもどうぞ