産業洗浄剤ガイド

ご利用上の注意

近年,産業分野における洗浄技術は,安全性や環境への対応が求められるとともに,半導体や精密機器分野の発展に伴い,要求も厳しくなってきています。
当コンテンツでは,産業洗浄剤を各タイプ別に一覧紹介していきます。

<タイプ別洗浄剤>

水系洗浄剤 準水系洗浄剤 炭化水素系/非水系洗浄剤 アルコール系/非水系洗浄剤 フッ素系/非水系洗浄剤 その他/非水系洗浄剤

洗浄剤の種類

水系洗浄剤

  • アルカリ,中性,酸性の3種類に分類され,一般的には切削油の洗浄ではアルカリ性,中性が使われる。

準水系洗浄剤

  • 有機溶剤と水を組み合わせたタイプの洗浄剤。一般的に非鉱物油系の切削油洗浄に適する。

非水系洗浄剤 〜炭化水素系〜

  • ノルマルパラフィン系,イソパラフィン系,ナフテン系,芳香族系の4種類がある。

非水系洗浄剤 〜アルコール系〜

  • エタノールやIPA(イソプロピルアルコール)が使用されている洗浄剤。

非水系洗浄剤 〜塩素系洗浄剤〜

  • トリクロロエチレン,テトラクロロエチレン(パークロロエチレン),塩化メチレン(メチレンクロライド)があり,優れた特性から古くから広く使用されてきたが,現在多くの法律での規制を受けており,使用には十分な注意が必要。

非水系洗浄剤 〜フッ素系洗浄剤〜

  • 代替フロン洗浄剤として,パーフルオロカーボン(PFC),ハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC),ハイドロフルオロカーボン(HFC),環状のフッ素系溶剤,ハイドロフルオロエーテル(HFE)などの種類がある。
  • PFCは地球温暖化物質であることが指摘され,HCFCは全廃スケジュールが決まっており将来は使用できないので注意が必要。

非水系洗浄剤 〜臭素系洗浄剤〜