洗浄装置ガイド

最先端の密閉型パーツ洗浄機「トレント400」のレンタル販売を開始 | 産業洗浄装置ガイド | ジュンツウネット21

高速・高性能パーツ洗浄機「トレント400」の背景や特徴,今後の展望などを紹介する。

日本エヌ・シー・エイチ株式会社 2012/10

最先端の密閉型パーツ洗浄機「トレント400」のレンタル販売を開始

弊社は,最新鋭の密閉型パーツ洗浄機「トレント400」のレンタル販売を開始した。弊社は,1919年にアメリカでの創業以来,工業用メンテナンス製品を中心に幅広い分野の製品を世界60ヵ国以上で展開し,ヨーロッパでは累計25,000台以上のパーツ洗浄機を提供する,世界的に評価の高い化学製品メーカーである。

「トレント400」は,従来のパーツ洗浄機の問題点であった洗浄力,コスト,安全性や環境問題などを解決できる製品であり,すでに海外ではヨーロッパを中心に約2,000台を販売している。

今回は,高速・高性能パーツ洗浄機「トレント400」の背景や特徴,今後の展望などを紹介する。

1. 背景

弊社は,1960年に有機溶剤を用いたパーツ洗浄機のサービスを,1971年から温水と低温で使用する水ベースの全自動型パーツ洗浄機のサービスを開始してきたが,それ以降の過去30年間,目覚しい技術革新はされていなかった。

今回,レンタル販売された「トレント400」は,洗浄力,洗浄スピードの改良などの技術革新だけでなく,安全性,洗浄コスト,環境にも配慮した「パーツ洗浄機を超えた総合サービス」を提供する最先端パーツ洗浄機である。一体密閉形設計のパーツ洗浄機なので,開閉も容易で洗浄剤の飛散がなく,非常に使い勝手が良いことも特長の1つである。

トレント400
写真1

2. 使用方法・技術仕様

<トレント400―使用方法>

「トレント400」の使用方法は,図1に示すようにパーツを機械の前面から入れてフードを閉め,機械と一体型となったグローブでパーツとノズルをしっかり掴み,足元のスイッチペダルを作動させ,45~50℃に温めた2.5メガパスカルの高圧ジェットのアルカリ洗浄水をパーツの汚れた箇所に噴射して洗浄する。洗浄は,図1のベアリングの場合,1分程度で完了し,エアブローによる乾燥直後にパーツは使用可能となる。

大型強化ガラスにて洗浄槽を注視し,エア・ワイパーが常にガラスを洗浄し,常に視野を遮らない状況を作る。

「トレント400」の実演デモ工程の動画は以下のURLより閲覧可能。
URL:http://www.certified.jp/torrent400

1.パーツを機械の前面から入れ,フードを閉める
パーツを機械の前面から入れ,フードを閉める
2.一体型のグローブでパーツとノズルをしっかりと掴み,足元のスイッチペダルで作動させる
一体型のグローブでパーツとノズルをしっかりと掴み,足元のスイッチペダルで作動させる
3.高圧ジェットのアルカリ洗浄水を,パーツに噴射して洗浄する
高圧ジェットのアルカリ洗浄水を,パーツに噴射して洗浄する
4.洗浄・乾燥完了後,パーツは直ぐに使用可能
洗浄・乾燥完了後,パーツは直ぐに使用可能
図1 特許技術 ナノソール(Nanosol(TM))によって洗浄効率が劇的*に向上(*=当社従来品と比較)
大型強化ガラスで洗浄槽を目視
大型強化ガラスで洗浄槽を目視
エア・ワイパーがガラスを洗浄
エア・ワイパーがガラスを洗浄
エア・フロワー
エア・フロワー
写真2

<トレント400―技術仕様>

  • 洗浄槽内寸:
     60mm 幅
     460mm 奥行
     590mm~640mm 高さ
  • 寸法:
     930mm 幅
     750mm 奥行
     1630mm 高さ(2270mm フード開状態)
  • 最大積載パーツ重量:50kg
  • 消費電力:2kW(最大)
  • 電源仕様:230V A.C. 8.5A(漏電遮断機付属)
  • 洗浄水圧力:2.2~3.1MPa(22.4~31.6kgf/cm2
  • 圧縮エア圧力:0.6~1.0MPa(6.3~10.5kgf/cm2
     流量85L/分
  • 重量:
     110kg(洗浄剤無し)
     210kg(洗浄剤含む)
トレント400寸法
写真3

3. 特徴

従来のパーツウォッシャーでは,ブラッシングや圧力を使用しないとパーツ細部まで洗浄できない,パーツ部分をブラシで洗浄すると時間がかかる,有機溶剤での洗浄は安全性に疑問が残る他にも,人件費を含むコストなど多くの問題が存在した。

「トレント400」では,従来機と比較し最大5倍もの洗浄スピードによる省力化,省エネ化だけでなく,廃棄物発生量も従来の1/4~1/12とリサイクルコストも大幅に低減し,安全性や環境面にも配慮され,定期的で充実したメンテナンス体制も設備されている。従来から飛躍的な革新を遂げた特徴の3点を紹介する。

(1)高い洗浄性能と経済性

洗浄テクノロジーとしては,新たに高圧,温水,水溶性強力洗剤STORMを採用して組み合わせた結果,従来の5倍近くの速さによって,これまで出来ないと思われてきた複雑な形状のパーツも,損傷なく洗浄することが可能となった。

また「トレント400」専用の分離剤PSC500を使用することによって,タンク内の汚れ成分を洗浄液の表面へ分離し,除去することが容易となり,エアゾールを用いた仕上げ洗浄が不要となった。これらは,有害な廃棄物処理費用の削減や人件費の削減(洗浄時間の短縮)などにも大きく貢献している。

(2)安全性・環境への配慮

これまで保護具を装着しない限り,洗浄作業者は有害な揮発物にさらされてきたが,洗浄作業者のために「トレント400」は,洗浄液に直接触れることはなく,すべての作業を安全に終えることが可能となった。水ベースの洗浄剤STORMは,引火性がなく,火災の危険を低減し,高価な換気システムの設置も不要であり,各作業場所の安全面・衛生面の向上にも貢献する。

環境面では,廃棄物量を最大1/12に低減し,再生不能な資源の使用を削減する他,有害物質,引火性物質,VOC排出量など,健康面と安全面において有毒でリスクのある有機溶剤を一切使用しておらず,ISOの環境目標達成を促進している。

(3)メンテナンスサービス

原則1ヵ月に一度,定期的にサービスマンが訪問し,タンク内の液体メンテナンス(pH値の確認・液体の調整及び校正など)を行い,それぞれの顧客ニーズに対応した洗浄液を提供する。1年に一度は,タンクの中身すべてを完全に交換するサービスも行う。

レンタル契約は,月額料金が約4万円の1年契約となっており,同料金のみで全国各地どこでも,洗浄機と洗浄剤を含んだ総合メンテナンスサービスが行われ,追加の費用などは基本的にかからないシステムとなっている。

今後の展望

欧州のVOC規制では,すべてのパーツ洗浄機使用者に,地元当局に登録すること,VOC基準に適合していること,所定のラベルを貼付することを義務付けているように,昨今では世界的に環境や安全に関する規制が急速に強まっている。このような変化の波が日本にも到来することを想定して,また環境面や安全性を優先的に考慮した上での製品の技術革新の重要性を捉えて,弊社は,最先端の密閉型パーツ洗浄機「トレント400」のレンタル販売を開始した。

弊社は今後,自動車,鉄道車両,特殊車両,建機・農機の整備工場,金型や砥石を多用する工具・金属製品工場,食品工場などの洗浄用途の他にも,幅広い業界へ「トレント400」の販路拡大を図り続け,初年度販売台数200台を目標に今後も成長を目指していく。

お問合せ(要望事項と送付先を入力してください。)

icon-file-textお問合せ内容 チェックしてください

お問合せ内容 チェックしてください
営業に会いたい見積もりが欲しいカタログが欲しい
その他のお問合せ入力
連絡先を入力してください
お名前 ※必須
メールアドレス ※必須
電話番号
貴社名 ※必須
所属部署
郵便番号 郵便番号を入力すると途中まで住所が自動入力されます
都道府県
住所1 市区町村番地
住所2 建物名など
その他ご要望

日本エヌ・シー・エイチ
○日本エヌ・シー・エイチ
http://www.nchjapan.com


○ENEOSサンエナジー
http://www.nsclean.jp/


○ユシロ化学工業
http://www.yushiro.co.jp/


○日本ホートン
http://www.houghton.co.jp/

こちらもどうぞ