潤滑油の試験・測定・分析選定BOX

引火点試験機器を探す | 潤滑油の一般性状 | 潤滑油の試験・測定・分析選定BOX | ジュンツウネット21

潤滑油の一般性状における「引火点」に関する試験機器の一覧表です。JIS番号は,JIS K2265です。
引火点は,消防法上で危険物の分類に用いられており,石油製品全般の安全管理面で最も重視される性状の一つです。使用油,例えばエンジン油などでは燃料油など軽質油の混入の目安になっています。
icon-hand-o-rightほかの試験項目の一覧は下記のボタンから切り替えられられます。 潤滑油の試験測定分析のトップページに戻る

潤滑油の一般性状における引火点に関する試験機器

引火点の試験・測定・分析機器一覧

インテクノス・ジャパン田中科学機器製作メイテック  
フラッシュポイントテスタ APM-7
ATG-7
ACO-7
ACO-T602
AP-M301型
AT-M301型
ACO-M3型
ADM-SWT型
製品一覧はこちら≫

潤滑油の試験項目

他の試験項目の機器を探すときは下記から選んでください。

<油の一般性状>
密度  引火点  動粘度  酸価  塩基価  色相  その他(流動点,ペンタン不溶解分など)

<油の汚染・劣化>
汚染粒子  水分  PH  さび止め性能  水分離性  あわ立ち性能  その他

<油の性能測定>
酸化安定性能  熱安定性能  耐摩耗・耐荷重性能  その他

<グリース>
ちょう度・滴点  各種性能(離油度,水洗耐水度など)  金属含有量(鉄,銅など)

<油分析,油中金属分析>
各種分光分析(金属分)  各種クロマトグラフィー(添加剤分析など)  その他(N・S分析など)

こちらもどうぞ