潤滑油の試験・測定・分析選定BOX

酸価試験機器を探す | 潤滑油の一般性状 | 潤滑油の試験・測定・分析選定BOX | ジュンツウネット21

潤滑油の一般性状における「中和価 酸価」に関する試験機器の一覧表です。JIS番号は,JIS K2501です。
中和価は潤滑油の劣化の程度を知るための重要な値で,酸価は潤滑油などが酸化劣化して生成した酸性物質の量を示しています。潤滑油の劣化状況を把握し,継続使用の可否を決める重要な数値です。
icon-hand-o-rightほかの試験項目の一覧は下記のボタンから切り替えられられます。 潤滑油の試験測定分析のトップページに戻る

潤滑油の一般性状における酸価に関する試験機器

下記の製品一覧のチェックボックスをクリックしてください。複数製品を一括して資料請求(無料)できます。また,製品名のリンクをクリックすると詳細情報を参照できます。

出光 三洋貿易 プラントサービス 京都電子工業 ダイアインスツルメンツ
三美式全酸価セットOM-220 潤滑油劣化モニタリング装置Spectro FluidScan Q1000 油中分析装置RULER View 電位差自動滴定装置AT-610 自動滴定装置GT-100
製品一覧はこちら≫ 製品一覧はこちら≫ 製品一覧はこちら≫    

平沼産業 メトロームジャパン      
自動滴定装置COMシリーズ 電位差滴定装置タイトランドシリーズ      
         




潤滑油の試験項目

他の試験項目の機器を探すときは下記から選んでください。

<油の一般性状>
密度  引火点  動粘度  酸価  塩基価  色相  その他(流動点,ペンタン不溶解分など)

<油の汚染・劣化>
汚染粒子  水分  PH  さび止め性能  水分離性  あわ立ち性能  その他

<油の性能測定>
酸化安定性能  熱安定性能  耐摩耗・耐荷重性能  その他

<グリース>
ちょう度・滴点  各種性能(離油度,水洗耐水度など)  金属含有量(鉄,銅など)

<油分析,油中金属分析>
各種分光分析(金属分)  各種クロマトグラフィー(添加剤分析など)  その他(N・S分析など)


最終更新日:2019年9月12日