潤滑油添加剤はどのように造られるか | ジュンツウネット21

潤滑油添加剤はどのようにして造られるのですか。

解説します。

潤滑油添加剤は性能または使用目的から表1のように分類されます。

表1
清浄剤 さび止め剤 消泡剤
分散剤 腐食防止剤 乳化剤
酸化防止剤 金属不活性化剤 抗乳化剤
油性向上剤 粘度指数向上剤 かび防止剤
摩耗防止剤 流動点降下剤  
極圧剤 増粘剤  

これらをコンポーネント添加剤,または単にコンポーネントといいます。各コンポーネントには化学構造上,多くの種類があります。製法はコンポーネントの化学構造グループごとに異なりますが,基本的には原料を製造装置に投入し,一定の条件(温度,圧力,撹拌,時間,使用する溶媒や触媒の種類など)の下に化学反応を進行させます。反応生成物がそのまま製品として扱えるものと,脱溶媒,ろ過などの精製工程を経てから製品になるものがあります。

コンポーネントの製造に使われる主な反応方式はスルホン化,中和,アルキレーション,アミネーション,硫化,重合,縮合,エステル化などです。一つの反応で製造されるコンポーネントもありますが,多くのコンポーネントは2段,3段と異なる複数の反応の組み合わせで製造されます。

潤滑油は精製した鉱油系(あるいは化学合成系)基油に添加剤を混合して製造されます。添加剤が固体や粘度の高い液体では,潤滑油製造工場において基油に混ぜにくいので,ほとんどの添加剤は鉱油系基油であらかじめ希釈し,粘度調節された液体として製品化されます。清浄剤のアルキルベンゼンスルフォネートや,粘度指数向上剤のポリメタクリレートのように,使用する鉱油系基油を溶媒としてその中で原料または中間体を反応させ,鉱油溶液として製品化するコンポーネントもあります。

多種のコンポーネントを必要とする潤滑油の製造では,それぞれのコンポーネントを秤量して製造装置に供給するのは作業効率が良くないので,添加剤メーカーでそれらのコンポーネントをブレンドしたパッケージ添加剤(単にパッケージという)を使用するのが一般的です。粘度指数向上剤はブレンドする潤滑油の粘度グレードによって,また流動点降下剤は使用する基油によって添加量を決定することが必要なので,それらはほとんどのパッケージに配合されません。

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部

アーステック



「技術者のためのトライボロジー」新発売!
「技術者のためのトライボロジーお申し込みはこちら

「潤滑剤銘柄便覧」2024年版 発売中!
「潤滑剤銘柄便覧」2024年版ご注文はこちら

「ILDA 2020 -ASIA-(International Lube Data Book)」 発売中!
「ILDA 2020 -ASIA-(International Lube Data Book)」ご注文はこちら

「やさしいグリースの話」発売中!
「やさしいグリースの話」お申込みはこちら

日本ユニバイト
○日本ユニバイト
Unilopal,プロテクシリーズ,エコルーブシリーズ,ドライセパレータ
https://univite.co.jp/

住鉱潤滑剤
○住鉱潤滑剤
蓄積された技術とニーズへのきめ細かい対応でお客様の満足する製品・サービスを提供致します。
http://www.sumico.co.jp/

バルビス
○バルビス
高性能防錆潤滑剤“パワーグリーン”
http://www.balbis.co.jp

トランステクノ
○トランステクノ
金属表面修復剤,固体金属表面保護・コーティング・潤滑システムなど
http://www.trans-techno.com

安永油化工業
○安永油化工業
グリースのジャバラチューブなどチューブへの小分け充填。産業用潤滑油の専門商社
http://www.yasunaga-yuka.co.jp

最終更新日:2021年11月5日