潤滑油そこが知りたいQ&A

油圧装置の騒音 | ジュンツウネット21

油圧装置がうるさいといわれます。確かによその工場に行ったとき比べたのですが,我々の設備方が大きな音を出しています。原因と対策を教えてください。

解説します。

油圧装置の騒音について

正しくメンテナンスされている設備はおおきな音が出ないものです。

大きな音は設備の悲鳴だと考えてください。

油圧装置の騒音の発生源は多くはポンプです。ポンプ騒音の原因を挙げておきますので,ひとつづつ確認してください。

(1)吸入管が細い,あるいは詰まっている
 サクション配管のつまりを清掃する。配管系を大きくする。ポンプ位置を低くするなどの対策をとり,サクション圧力を許容値より高くする。

(2)サクションフィルターのつまり
 フィルターを清掃する。

(3)サクションフィルターの容量不足
 容量の大きなものと取り替える。サクションフィルターのつまりはポンプからエアを吸い込む危険があり,油圧設備の作動不良につながります。タンク内で作動油をきれいにして,供給するように改善し,サクションフィルターは,間違って大きな異物が入ったとき取り押さえるためのものという考えに変えて,目の大きいものにしてください。

(4)吸入側で空気を吸い込んでいる
 パイプ穴あき,継手部を調べる。この場合,前項のサクションフィルターの過大な抵抗が原因の場合が多い。

(5)タンク内に気泡がある
 いろいろな原因で気泡が溜まることがあります。最悪のケースでは泡が立ち過ぎ,どんどん増加するためにタンクからあふれることもあります。放置しないで下さい。

  1. エアーポケットなど空気の溜まりやすい配管の場合は修正してください。
  2. タンクへの戻り配管が液面より上にあるとき,液面をたたいて気泡が発生することがあります。戻り管が液面の中に入るように修正してください。
  3. 作動油中の消泡剤が減少している場合は,追加してください。

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部

アーステック



「技術者のためのトライボロジー」新発売!
「技術者のためのトライボロジーお申し込みはこちら

「潤滑剤銘柄便覧」2020年版 発売中!
「潤滑剤銘柄便覧」2020年版ご注文はこちら

「ILDA 2020 -ASIA-(International Lube Data Book)」 発売中!
「ILDA 2020 -ASIA-(International Lube Data Book)」ご注文はこちら

「やさしいグリースの話」発売中!
「やさしいグリースの話」お申込みはこちら

モレスコテクノ
○モレスコテクノ
High Quality,More! 私たちは油と水と,その境界領域の分析にこだわります
http://www.morescotechno.co.jp

ジェーシーサービス
○ジェーシーサービス
省エネルギー,省資源を通じお客様と地域環境との潤滑剤になることを目指しています
http://www.jcs-oil.jp/

JFEプラントエンジ
○JFEプラントエンジ
エンジニアリングとメンテナンスの総合企業
http://www.jfe-planteng.co.jp/


最終更新日:2020年3月6日