潤滑油そこが知りたいQ&A

すべり軸受のメタル油溝の切り方と隙間 | ジュンツウネット21

すべり軸受けが焼きつく寸前に異常を発見し,点検しました。メタルの油溝がつぶれてしまったようです。溝切りについての注意事項を教えてください。

解説します。

油溝切りの注意事項とメタルの隙間についてお答えしておきます。

(1)メタルの油溝を切る目的は潤滑油を摩擦面に行きわたらせ,メタル全体を潤滑することで焼付きを防止するものです。そこで溝の切り方は軸と平行の方向に切るようにし,直角方向(滑り方向)だけに切るのは避けましょう。油が行き渡りませんので焼付きの原因になります。油溝は深く切りすぎないこと。給油量,荷重を考慮して深さ,幅を決めて下さい。

(2)メタルの油溝は大切なものです。寸法は大きすぎても小さすぎてもだめです。標準寸法は表1に示すとおりです。さらに油溝を切って角があるままで使うと,焼付きを起こすことがあります。油溝は,油の補給源,油を無駄なく供給する,異物を沈殿させるなどの役目を持っていますが,もっと大事なことは油溝から十分に油をメタル各部に供給することです。油溝に角があるとこの角で油が断ち切られて,油がスムースに供給されなくなる可能性があり,焼付きの原因となります。正しい方法は図1に示すように油溝の角をとって滑らかにしてやり,油を吸い込みやすくしてやることです。

表1 油溝の寸法
軸径
溝幅
溝深さ
10~25
3.5
1.2
25~40
5.0
1.7
40~60
7.0
2.5
60~100
10.0
3.5
100~150
15.0
5.0
【間違った方法】
油溝の状態1

【正しい方法】
油溝の状態2

ただし t=0.5r R=3.0r b=(1~1.5)r

図1 油溝の状態

(3)メタルはなめらかに回転するために,適正なすきまが必要です。メタルのすきまは焼付き防止,熱持ち防止,騒音防止などのために,経験的にその最小値が決められております。実用的には,軸径の1.0/1000~1.5/1000程度がよく採用されております。このすきまの測定は軸方法1個所だけでなく図2に示すようになまり線を2,3個所に入れて軸受をかぶせて,なまり線のつぶれた部分を測定して確認します。

メタルの使用限界は最初につけたすきまの2~3倍程度と見たら良いでしょう。

軸受メタルの隙間とその測定方法
図2 軸受メタルの隙間とその測定方法

(4)一般にメタル上部のすきまのあるところは軸との接触はありません。そのためにメタルのこの部分に金属変化を起こすことがあります。これが異物となり,思わぬ悪さをすることがありますので点検の際には注意して観察して下さい。

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部

アーステック



「技術者のためのトライボロジー」新発売!
「技術者のためのトライボロジーお申し込みはこちら

「潤滑剤銘柄便覧」2020年版
予約特価受付中!(~11/20) 「潤滑剤銘柄便覧」2020年版ご予約はこちら

「ILDA 2017 -ASIA-」発売中!
「ILDA 2017 -ASIA-」お申込みはこちら

「やさしいグリースの話」発売中!
「やさしいグリースの話」お申込みはこちら

出光興産
○出光興産
おまかせください!!
潤滑管理・設備診断・潤滑管理機器
 ≫製品一覧はこちら

アコー
○アコー
各種音響・振動センサー,音響・振動用計測器
http://www.aco-japan.co.jp/

ジャパン・アナリスト
○ジャパン・アナリスト
オイル分析による設備診断/摩耗粒子解析/オイル性状・汚染分析
https://www.kyb.co.jp/
analyst/index.html

旭化成エンジニアリング
○旭化成エンジニアリング
精密診断器,オンライン設備診断システム,ポータブル振動診断システム
http://www.asahikasei-eng.com

マルマテクニカ
○マルマテクニカ
潤滑油測定機器などの製造・販売
http://www.maruma.co.jp

こちらもどうぞ