潤滑油そこが知りたいQ&A

ベアリングのフレーキングの原因 | ジュンツウネット21

稼働間もない軸受にうろこ状のはがれ(フレーキングと思われる)発生しました。あまり早いので何か基本的な使用上の間違いがあると思われます。考えられる原因を教えて下さい。

解説します。

一般的には早期に生じるフレーキングには次の原因が考えられます。原因と対策を表1に示しておきますので,調査の上,対策を実行して下さい。

表1 ベアリングフレーキング発生原因と対策
 
原因
対策
1
軸受内部すきまが小さすぎる 基準をよく見て適正な内部すきまに修正して下さい
2
潤滑剤の不適または不足 潤滑管理の指導書を見て潤滑方法,潤滑剤の見直しをして下さい
3
過大な荷重 基本的な問題として荷重条件を正しく見直し,基準内にあるかを確かめて下さい

その外,フレーキングに関して,損傷状態とその原因,対策を参考のために表2に示します。

表2 ベアリングフレーキングの損傷状態から見た原因と対策
損傷状況
原因
対策
ラジアル軸受で起動の片側に生じたフレーキング 過大なアキシャル荷重 ○荷重条件の見直し
○自由側軸受の外輪のはめ合いをすきまばめにする
○円周方向の対象位置に生じたフレーキング
○ころ軸受で軌道面,転動面の端部近くに生じたフレーキング
○取付け不良
○大きな軸のたわみ
○軸・ハウジンの精度不良
○芯だしを正確にする
○軸・ハウジングの肩の直角度を修正する
○軸受内部すきまを大きくする
転動体のピッチで生じたフレーキング ○大きな衝撃荷重
○組込みきず(分離型軸受)
○運転休止時の錆
○荷重条件の見直し
○取扱い作業の見直し
○長期間運転を休止する場合は防錆処理を施す

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部

アーステック



「技術者のためのトライボロジー」新発売!
「技術者のためのトライボロジーお申し込みはこちら

「潤滑剤銘柄便覧」2020年版 発売中!
「潤滑剤銘柄便覧」2020年版ご注文はこちら

「ILDA 2020 -ASIA-(International Lube Data Book)」 発売中!
「ILDA 2020 -ASIA-(International Lube Data Book)」ご注文はこちら

「やさしいグリースの話」発売中!
「やさしいグリースの話」お申込みはこちら

モレスコテクノ
○モレスコテクノ
High Quality,More! 私たちは油と水と,その境界領域の分析にこだわります
http://www.morescotechno.co.jp

ジェーシーサービス
○ジェーシーサービス
省エネルギー,省資源を通じお客様と地域環境との潤滑剤になることを目指しています
http://www.jcs-oil.jp/

JFEプラントエンジ
○JFEプラントエンジ
エンジニアリングとメンテナンスの総合企業
http://www.jfe-planteng.co.jp/


最終更新日:2020年3月6日