潤滑油そこが知りたいQ&A

減速機の油漏れ | ジュンツウネット21

減速機から油漏れがひどく,機械周りの汚れとして5S活動で常に指摘され困っております。

解説します。

減速機からの油漏れは,ケーシングの合わせ面とオイルシール部分がほとんどです。

まず,どこから,いつごろから,どのくらい漏れているかを把握することが大切です。そのためには機械周りを常にきれいにしておく必要があります。

次に極めて簡単な原因で漏れていることがあります。潤滑油の入れすぎ,減速機内水侵入による潤滑油液面上昇などにより,漏れることがあります。

油浴式の場合は大歯車の末端が潤滑油に浸る程度が適当です。

さらにオイルシールの取付不良,ケーシング合わせ面取付不良などが見過ごされていることがあります。

これら基本的なことを調査して,問題がなければ次の対策に進んでください。

1.ケーシングのあわせ面からの油漏れは,ケーシングのひずみ,合わせ面の表面粗さ不適による密着性低下が原因です。この合わせ面からの漏れを簡易に防止するには,合わせ面に液体パッキンを使用するか,図1に示すようなスカートを設ける手段が有効です。

合わせ面からの油漏れ防止策の例
図1 合わせ面からの油漏れ防止策の例

2.オイルシール部からの油漏れに対しては,まずオイルシールを交換することです。しかし,オイルシールの寿命が短いときはオイルシールを損傷する原因があります。これを取り除かないといつまでたっても安定しません。

オイルシール損傷の原因は軸の表面が荒れがほとんどです。この場合,減速機が水あるいは粉塵などの飛散を受ける雰囲気で運転されて,軸が腐食・摩耗してしまっているわけです。とりあえず,軸のシール取付部を溶射,めっきなどで寸法を修復し,同時に軸表面の摩耗強度を向上させることです。

さらに減速機に水,粉塵の防止策を施し,軸にダストシールをつける,あるいはダストシール付オイルシールを採用すると万全です。

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部

アーステック



「技術者のためのトライボロジー」新発売!
「技術者のためのトライボロジーお申し込みはこちら

「潤滑剤銘柄便覧」2020年版 発売中!
「潤滑剤銘柄便覧」2020年版ご注文はこちら

「ILDA 2020 -ASIA-(International Lube Data Book)」 発売中!
「ILDA 2020 -ASIA-(International Lube Data Book)」ご注文はこちら

「やさしいグリースの話」発売中!
「やさしいグリースの話」お申込みはこちら

出光興産
○出光興産
おまかせください!!
潤滑管理・設備診断・潤滑管理機器
 ≫製品一覧はこちら

ジャパン・アナリスト
○ジャパン・アナリスト
オイル分析による設備診断/摩耗粒子解析/オイル性状・汚染分析
https://www.kyb.co.jp/
analyst/index.html

旭化成エンジニアリング
○旭化成エンジニアリング
精密診断器,オンライン設備診断システム,ポータブル振動診断システム
http://www.asahikasei-eng.com

マルマテクニカ
○マルマテクニカ
潤滑油測定機器などの製造・販売
http://www.maruma.co.jp


最終更新日:2020年3月6日