潤滑油そこが知りたいQ&A

ギヤーポンプの温度上昇 | ジュンツウネット21

ギヤーポンプが手で触れないほど温度が上昇してしまいました。原因と対策を教えてください。

解説します。

ギヤーポンプの温度上昇について

一般に設備は仕事をしますので,必ず温度が上がります。

したがって,常日頃の点検が大切です。通常どのくらいの温度で作動しているか,いわゆる平熱を知っておく必要があります。この場合は,最近になって,温度上昇がひどくなったと仮定します。

歯車ポンプの発熱は,一般には歯車とケーシング間の内部リークとグランド部の摩耗によるものがあります。特殊なケースとしては,液体である油自体の温度が高すぎることもあります。歯車とケーシング間の内部リークは構造上やむをえないものですので,ポンプの性能を満足していれば,問題はありません。

グランドパッキン部の発熱が激しいときは,グランドパッキンの焼きつきに発展するため,パッキンの締め付けを調整してください。油自体の温度が高いと少しの発熱でも,ポンプが高温に達してしまうことがあります。適切な温度に冷却して送油してください。

その他に吸い込み配管にエアがたまり,ポンプ吸い込み不良を起こし,ケーシング,軸受部が高温となる場合があります。放置すると焼きつきとなりますので,ポンプの設置位置,吸い込み配管形状などを調査してください。

配管設計,施工時にエアポケットを作らないようにすることも大切です。

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部

アーステック



「技術者のためのトライボロジー」新発売!
「技術者のためのトライボロジーお申し込みはこちら

「潤滑剤銘柄便覧」2020年版 発売中!
「潤滑剤銘柄便覧」2020年版ご注文はこちら

「ILDA 2020 -ASIA-(International Lube Data Book)」 発売中!
「ILDA 2020 -ASIA-(International Lube Data Book)」ご注文はこちら

「やさしいグリースの話」発売中!
「やさしいグリースの話」お申込みはこちら

出光興産
○出光興産
おまかせください!!
潤滑管理・設備診断・潤滑管理機器
 ≫製品一覧はこちら

ジャパン・アナリスト
○ジャパン・アナリスト
オイル分析による設備診断/摩耗粒子解析/オイル性状・汚染分析
https://www.kyb.co.jp/
analyst/index.html

旭化成エンジニアリング
○旭化成エンジニアリング
精密診断器,オンライン設備診断システム,ポータブル振動診断システム
http://www.asahikasei-eng.com

マルマテクニカ
○マルマテクニカ
潤滑油測定機器などの製造・販売
http://www.maruma.co.jp


最終更新日:2020年3月6日