潤滑油そこが知りたいQ&A

負荷変動の多い機械の振動測定 | ジュンツウネット21

攪拌機の振動測定を実施しましたが,変化が大きくてよく分かりません。振動測定器で攪拌機の振動を測定することは不可能なのでしょうか。

解説します。

負荷変動の多い機械の振動測定について

攪拌機や遠心分離機は材料注入の多少で常に負荷変動を起こしている設備です。

一般に負荷変動中の振動測定は適切ではないとされております。この場合無負荷状態で設備を運転して振動測定し,傾向管理することになります。しかし,負荷時と無負荷時との負荷の差が大きくて,無負荷時の振動測定では異常を発見できない設備のケースもあります。このような時は振動値をペンレコーダーに連続記録して,図1に示すように,負荷変動の状態で劣化傾向を時間経過で把握する方法も考えられます。測定器メーカーと相談して試してみてください。

負荷変動の大きな設備の振動値管理事例
図1 負荷変動の大きな設備の振動値管理事例

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部

アーステック



「技術者のためのトライボロジー」新発売!
「技術者のためのトライボロジーお申し込みはこちら

「潤滑剤銘柄便覧」2024年版 発売中!
「潤滑剤銘柄便覧」2024年版ご注文はこちら

「ILDA 2020 -ASIA-(International Lube Data Book)」 発売中!
「ILDA 2020 -ASIA-(International Lube Data Book)」ご注文はこちら

「やさしいグリースの話」発売中!
「やさしいグリースの話」お申込みはこちら

ジェーシーサービス
○ジェーシーサービス
省エネルギー,省資源を通じお客様と地域環境との潤滑剤になることを目指しています
http://www.jcs-oil.jp/

最終更新日:2022年11月28日