潤滑油そこが知りたいQ&A

油圧シリンダーピストンパッキンの縦傷 | ジュンツウネット21

油圧シリンダー作動不良でシリンダーを分解しました。図1のようなピストン用パッキンに、外周面全体に摺動方向の縦傷が発生していました。原因は何でしょうか。

ピストン用パッキンの縦傷
図1 ピストン用パッキンの縦傷

解説します。

油圧シリンダーピストンパッキンの縦傷について

シリンダーチューブ内面(摺動相手面)の傷や表面粗さの異常によるかじり傷,あるいは異物のかみこみ,錆などによるものと考えられます。まず,シリンダー内面(摺動相手側)の状態を調べてください。

シリンダーチューブ内面にカジリ傷がある場合,異物の噛みこみによるものと偏負荷に対する軸受材質および軸受構造の不適合が挙げられます。

(1)異物の噛みこみの場合は,作動油中のコンタミ管理を徹底してください。
(2)軸受材質および軸受構造の不適合の場合は,軸受の再検討をお願いします。
(3)軸受材質がFCやBCなどではシリンダーチューブ内面に金属同士のせり傷や荒れが発生しやすいため,樹脂製ウェアリングに変更するなど見直しを行ってください。(図2参照)

ウェアリング取り付け事例
注1:加圧側のシリンダすき間が狭いと異物を噛み込みやすいため出来るだけ大きく取る(寸法はパッキンカタログ参照)
注2:ウェアリング方式の場合,パッキンのはみ出し側シリンダすき間が大きくなるため,パッキンの耐圧性低下に注意する。圧力条件に応じてバックアップリングを併用する(パッキンカタログ内のはみ出し限界曲線参照)。
図2 ウェアリング取り付け事例

<参考>
 パッキンの縦傷形態が摺動方向に対して直線的でない場合,シリンダー組み立ての際につけた傷が考えられます。シリンダーの分解組み立ては環境のよい所定の場所で,丁寧に実施してください。

	ブルカー・エイエックスエス

アーステック



「技術者のためのトライボロジー」新発売!
「技術者のためのトライボロジーお申し込みはこちら

「潤滑剤銘柄便覧」2018年版発売中!
「潤滑剤銘柄便覧」2018年版お申し込みはこちら

「ILDA 2017 -ASIA-」発売中!
「ILDA 2017 -ASIA-」お申込みはこちら

「やさしいグリースの話」発売中!
「やさしいグリースの話」お申込みはこちら

モレスコテクノ
○モレスコテクノ
High Quality,More! 私たちは油と水と,その境界領域の分析にこだわります
http://www.morescotechno.co.jp

ジェーシーサービス
○ジェーシーサービス
省エネルギー,省資源を通じお客様と地域環境との潤滑剤になることを目指しています
http://www.jcs-oil.jp/

JFEプラントエンジ
○JFEプラントエンジ
エンジニアリングとメンテナンスの総合企業
http://www.jfe-planteng.co.jp/

こちらもどうぞ