潤滑油そこが知りたいQ&A

チェーンブロックのフックピン折損トラブル | ジュンツウネット21

チェーブロックのフックピンが折れて,吊荷が落下しました。幸い大きな事故になりませんでしたが,信じられない事故です。何が原因でしょうか。

解説します。

チェーンブロックのフックピン折損トラブルについて

チェーブロックは,メンテナンス作業で常に使用する大切な吊り具です。割合簡単に使えるので頻繁に使われます。しかし,重量物を吊り上げる立派な吊り具です。したがって,起重機などと同じように日常点検が必要です。

チェーブロックで一番重要な部位は,ワイヤーを掛けるフックの部分です。ここにはフックを支えるピンが挿入されております。

フックピンは吊り荷重全体を支える重要な役目があり,調質された材料で作られております。一般に図1に示すように,上フックピンはS45C,下フックピンはSCM435などの材料を使い,表面焼入れしてあります。

チェーンブロック上下フックピン
図1 チェーンブロック上下フックピン

このフックピンが折損したとなると,点検不良かあるいは,正規のフックピンが摩耗したりして取り替える際に軟鋼ボルトなどを仮に使用したことが考えられます。軟鋼ボルトを使用すると,強度が劣るので摩耗したり折損したりして非常に危険です。

取り替える際は正規の規格に合ったピンを必ず使用してください。さらに,日常点検は省略してはいけません。

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部

アーステック



「技術者のためのトライボロジー」新発売!
「技術者のためのトライボロジーお申し込みはこちら

「潤滑剤銘柄便覧」2021年版 発売中!
「潤滑剤銘柄便覧」2021年版ご注文はこちら

「ILDA 2020 -ASIA-(International Lube Data Book)」 発売中!
「ILDA 2020 -ASIA-(International Lube Data Book)」ご注文はこちら

「やさしいグリースの話」発売中!
「やさしいグリースの話」お申込みはこちら

出光興産
○出光興産
おまかせください!!
潤滑管理・設備診断・潤滑管理機器
 ≫製品一覧はこちら

ジャパン・アナリスト
○ジャパン・アナリスト
オイル分析による設備診断/摩耗粒子解析/オイル性状・汚染分析
https://www.kyb.co.jp/
analyst/index.html

旭化成エンジニアリング
○旭化成エンジニアリング
精密診断器,オンライン設備診断システム,ポータブル振動診断システム
http://www.asahikasei-eng.com

マルマテクニカ
○マルマテクニカ
潤滑油測定機器などの製造・販売
http://www.maruma.co.jp


最終更新日:2020年3月6日