潤滑油そこが知りたいQ&A

油圧シリンダーロッドパッキン損傷トラブル | ジュンツウネット21

油圧シリンダーロッド用パッキンの内周面全体に図1に示す摺動方向縦傷が発生しております。原因は何でしょうか。対策としてどのように対処したらよいか教えてください。

ロッド用パッキンの縦傷
図1 ロッド用パッキンの縦傷

解説します。

油圧シリンダーロッドパッキン損傷トラブル

ロッド表面(摺動相手面)の傷や表面粗さの異常などによる影響です。これには(1)かじり傷や打痕,(2)異物の噛み込み,(3)錆,(4)メッキのピンホールなどの異常原因が考えられます。

パッキンの縦傷から油漏れが発生した場合,その影響で二次現象である併用ダストシールの飛び出し破損,それに伴う谷部の貫通亀裂に進展する危険があります。ただちに,パッキンを取り替えてください。さらに直接原因であるロッドを交換し,根本原因の排除のため,作動油のコンタミ管理,軸受の構造の見直し(DUブッシュなどへの変更)を実施してください。

なお,軸受材質がFCやBCなどの場合,ロッドの表面に金属同士のせり傷や荒れが発生しやすいものです。

特にパッキンとダストシール間が軸受(金属接触)になっていると,この部分の潤滑状態が乏しいため,ロッド表面を痛めやすいので,パッキンとダストシール間は図2のように金属接触を避けるようすき間(逃がし)を設けるとよいです。

金属接触を避けるすき間
図2 金属接触を避けるすき間

	ブルカー・エイエックスエス

アーステック



「技術者のためのトライボロジー」新発売!
「技術者のためのトライボロジーお申し込みはこちら

「潤滑剤銘柄便覧」2017年版発売中!
「潤滑剤銘柄便覧」2017年版お申し込みはこちら

「ILDA 2017 -ASIA-」発売中!
「ILDA 2017 -ASIA-」お申込みはこちら

「やさしいグリースの話」発売中!
「やさしいグリースの話」お申込みはこちら

出光興産
○出光興産
おまかせください!!
潤滑管理・設備診断・潤滑管理機器
 ≫製品一覧はこちら

アコー
○アコー
各種音響・振動センサー,音響・振動用計測器
http://www.aco-japan.co.jp/

ジャパン・アナリスト
○ジャパン・アナリスト
オイル分析による設備診断/摩耗粒子解析/オイル性状・汚染分析
https://www.kyb.co.jp/
analyst/index.html

旭化成エンジニアリング
○旭化成エンジニアリング
精密診断器,オンライン設備診断システム,ポータブル振動診断システム
http://www.asahikasei-eng.com

マルマテクニカ
○マルマテクニカ
潤滑油測定機器などの製造・販売
http://www.maruma.co.jp

こちらもどうぞ