過去のトライボロジー関連記事 | トライボロジー関連記事 | ジュンツウネット21

過去のトライボロジー関連記事 2003年10月~

トライボロジー関連記事の一覧です。

トライボロジー関連記事は摩擦摩耗や潤滑などの技術を概説します。すべての技術的な活動において摩擦や摩耗は避けて通れない課題でありトライボロジーが扱う技術領域です。潤滑剤や潤滑法,メンテナンストライボロジー,各種機械要素のトライボロジー,摩擦摩耗試験などのトライボロジー関連の記事をを紹介します。また,技術的な解説記事に加えて,トライボロジー会議やメンテナンステクノショーなどの各種イベントやコミュニティの活動なども紹介します。

工業用関連記事

境界潤滑下で耐摩耗,低摩擦を発現するナノダイヤモンド潤滑油添加剤  2019/4

硬質薄膜の機械的特性評価:DLC膜  2017/12

IVI(インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ)における保守・保全の効率化の取り組み  2017/11

油圧作動油・潤滑油のリアルタイム監視と異常即時感知による機器のリライアビリティ向上を実現するプロアクティブ・メンテナンス・ツール「作動油清浄度センサ SWIFT Real Time Oil Checker SWIFTROCK™」  2017/9

ドライアイスを使用したチェーンのスラッジ洗浄機―JAX-JAPAN  2017/6

効果的に混入油を除去する浮上油除去装置“シースルーセパレーター”  2017/3

IoT時代の新たなものづくりを目指すインダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ  2016/7

低温と消音性を両立したグリース  2016/4

オンライン潤滑油測定の最前線 エアコン開発用「オイル循環率」と「動粘度」の連続測定  2015/5

中国市場参入に向けた新しい試み―国際先進メンテナンス技術センターの挑戦―  2011/12

化学物質管理のためのシステムとソフトウェアの紹介  2011/10

給油・給脂の方法と装置の選定  2010/6

摩耗の標準試験法―日本機械学会基準 S013「摩耗の標準試験法」の改訂について―  2010/5

DLCコーティングの実用事例  2010/4

切削油を取り巻く環境対応技術  2010/3

非破壊検査とは  2010/2

化審法の改正について  2009/12

オイル分析による設備管理―トライボロジーの活用による設備診断―  2009/11

潤滑油・作動油の汚染劣化診断と対策  2009/10

最近のエネルギー政策について  2009/8

防錆剤の種類と特徴  2009/5

固体潤滑の最近の動向  2009/4

工作機械の潤滑管理の実態と攻めのメンテナンスによる経済効果  2008/10

地球温暖化防止のための分散型発電の本命,スターリングエンジン  2008/8

油冷式スクリュー圧縮機と圧縮機油  2008/7

使用グリース分析による潤滑状態の把握  2008/6

食品工場用潤滑油の規格化への道のり  2008/5

固体潤滑の現状と今後の展望  2008/4

水溶性切削油剤の最新動向  2008/3

放電加工機の特徴と現状  2007/12

射出成形機のメンテナンスと潤滑管理  2007/12

設備診断技術の動向と今後の展望  2007/11

実用性のあるオイル測定  2007/10

給油・給脂方法の種類と特徴  2007/9

防錆・防食の重要性  2007/6

生分解性グリースの現状と展望  2007/6

食品工場用潤滑剤NSFガイドラインの和訳掲載について  2007/5

固体潤滑の現状と今後の展望  2007/4

環境規制と切削油剤 2007/3

歯車に使用される潤滑油の添加剤  2007/2

MQL・セミドライ加工における廃油・廃液減量化対策について  2006/12

工業用潤滑油と合成潤滑油  2006/10

食品機械用潤滑油剤の現状  2006/5

クーラント交換頻度の低減と省エネの概要  2006/3

メンテナンスフリーを実現するグリース技術の現状と課題  2005/11

合成潤滑油―その素性と可能性  2005/8

固体潤滑剤の最近の動向  2005/4

潤滑油添加剤を取り巻く環境の変化と求められる役割・性能  2005/2

化学物質管理に係る政策と施策について  2004/12

切削油剤選定のポイントについて  2004/11

射出成形機のメンテナンスと潤滑管理のポイント  2004/10

工業用洗浄剤と環境  2004/8・9

食品機械用潤滑油等のNSF登録に関して  2004/8

食品工場用潤滑油の規格化とメーカーおよびユーザーの動向について  2004/8

シールを取り巻く最近の動向  2004/7

廃油処理の現状と潤滑油のリサイクル  2004/6

メンテナンスにおける最近の話題  2004/5

クーラントの長寿命化と生産性の向上  2004/5

MQL切削油剤の最近の動向  2004/4

潤滑性能向上用市販添加剤の活用ポイント(固体潤滑剤を中心として)  2004/4

最近の環境事情と切削油剤について  2004/3

部位別漏洩検査方法 ここの漏れはこうして見つけよう!  2004/3

工作機械の保守点検と使用油の管理  2004/1・2

工作機械の適油選定  2003/12

給油・給脂装置の概要について  2003/12

油剤の清浄化でトラブルを防ぐ! ~浄油装置の選定とは?~  2003/11

生分解性潤滑油剤の基礎知識  2003/10

効果的なメンテナンスのための清浄度のモニター方法  2003/10

資格制度・イベント関係記事

ドイツ・ハノーファー大学生産技術研究所に見るドイツの産学連携研究最前線  2019/8

国際金属加工見本市「EMO Hannover 2019」プレスプレビュー開催される  2019/8

「ハノーバーメッセ2019 プレスプレビュー」開催される  2019/3

ASTEC 2018 第13回先端表面技術展・会議パネルディスカッション「トライボロジーにおけるオープンイノベーションの課題と将来」開催される  2018/5・9

世界最大規模「ハノーバーメッセ」「セマット」,独・ハノーバーで2018年4月に同時開催  2018/4

「状態監視振動診断技術者コミュニティ 第9回ミーティング」開催される  2017/9

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2017 プラントメンテナンスショーのみどころ  2017/7

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2015 プラントメンテナンスショーのみどころ  2015/7

メンテナンス・テクノショー2013の見どころ  2013/10

状態監視振動診断技術者コミュニティ第6回ミーティング開催  2012/11

マレーシア-日本 トライボロジー懇談会,開催される  2012/10

国際トライボロジー会議 広島 2011(ITC Hiroshima 2011)の見どころ・聞きどころ  2011/9

国際トライボロジー会議 広島 2011(ITC Hiroshima 2011) 企業展示(Technical Exhibition)  2011/9

WTCトップインタビュー ―第4回世界トライボロジー会議 実行委員長・組織委員長に聞く―  2009/7

トライボロジーと資格制度  2009/3

「第4回世界トライボロジー会議」(WTC IV),9月に開催  2009/1

トライボロジースペシャリストの誕生―ISOに準拠した機械状態監視診断技術者(トライボロジー)の資格制度の発足間近―  2008/9

機械状態監視診断技術者(振動)資格認定の状況  2008/9

ISO機械状態監視診断技術者(振動)資格認証制度の現状と今後  2005/10

日本の製造業のメンテナンスに関する資格制度について  2005/7

ISO機械状態監視診断技術者(振動)認証試験  2004/5